冊子・著書の紹介

教育応援誌 けいいく

実効性のある道徳にしていくため、多様な実践者の活動を紹介する応援誌!年4回発行中! 

No.174(3月1日発行)

  • 『師と同じ覚悟と行動の人のみを真の弟子と呼ぶ』大久保 俊輝
  • 『江戸琳派の里「雨華庵」』酒井 抱美
  • 『家庭で絵本を読んであげましょう』浜島 代志子
  • 『子どもの「道徳性」を引き出し、主体性を育てる「動徳」を』坂本 建一郎
  • 『宮古島市立上野中学校 訪問記』沼野 文子
  • 『彼との出会いに感謝』川原 容一
  • 『学校のちょっといい話㉜』鍵山 智子

 No.173(12月1日発行)

  • 『道徳から動徳へ」子どもの心の変容を促す仕掛けとは』丸岡 慎弥
  • 『江戸琳派 酒井家の軌跡(第二回)』酒井  抱美 
  • 『今こそ日本の昔話を読み語りましょう!!』浜島 代志子
  • 『麗澤大学生の廃校再生プロジェクト』黒須 里美
  • 『幼児教育の大切さ』秦 耕司
  • 『学校教育アドバイザーの喜び』廣瀬 由美子
  • 『教師の落とし穴』藤林 修一
  • 『こんな先生になって』川原 容一
  • 『学校のちょっといい話㉛』 鍵山智子 

No.172(9月1日発行)

  • 『京町家で育んだ八十八年の暮らし』杉本 千代子
  • 『江戸琳派の継承(第1回)』酒井 抱美
  • 『ももたろう』三つの団子の意味は何?
  • 『はらぺこあおむし」原点は何?(第二回)』浜島 代志子
  • 『教育視察 <台湾編> (第一回)』大久保 俊輝
  • 『学校教育アドバイザーとしての心構え』長田 尚夫
  • 『教育者としてのまなび「子どもから学んだ教職一年目』鎰広 修
  • 『田んぼでの体験活動で学校支援』小谷野 守男
  • 『めざせリーダー』川原 容一
  • 『学校のちょっといい話㉚』鍵山 智子


No.171(6月1日発行)

  • 『日本の国技 大相撲』秀ノ山 和弘
  • 『不幸の連鎖をくい止める「実践道徳(動徳)」のヒント』大久保 俊輝
  • 『資格は人生を創る』黒澤 眞次
  • 『対話式絵本の読み語り」は人を幸せにします!』浜島 代志子
  • 『子どもたちは先生の応援団』川原 容一
  • 『道徳から動徳へ」~負の連鎖を止める動徳授業の実現へ~』長澤 勇哉
  • 『学校のちょっといい話㉙』鍵山 智子


道徳教育実践シリーズ

★No.2 ,3 ,4が販売中!

  • 『No.4 知徳一体の啓発教育150円/冊
  • 『No.3 がんばる先生奮闘記』120円/冊
  •  『No.2 教育現場で出会った凄い生徒と熱い教師』120円/冊

学校現場で悩み、難題に取り組む先生方、さらに良い実践をしたいと思われる先生方の応援書になることを願っています。

※大久保俊輝先生の日本教育新聞コラム『一刀両断』から抜粋した『道徳教育実践シリーズNo.5 道徳から動徳へ』は、好評につきまして完売しました。

大久保俊輝先生の著作案内

『わが子が学校に行きたくない」と言ったら』

(モラロジー道徳教育財団) 


県の不登校対策委員長でありながら、自身の子どもが3人とも不登校だったという経験を持つ著者。
この本を読んで、既に70件以上の教育相談が寄せられております。
子育てに悩まれる親御様に寄り添える一冊です。

『辞めない社員の育て方』

(時事通信社) 

「若い人の気持ちが分からない、コミュニケーションが取れない…」そんな悩みはありませんか。

異色の教育者が「辞めない社員の育て方」を教えます。